ASRock 省スペースな小型PCベアボーンキット DeskMini AMD Ryzen APU版 発売日が楽しみ

PC業界では予想外の珍品を開発、発売する「変態メーカー」(最近は正統派)としても愛されているASRockから嬉しいニュースが。



既にIntel CPU版は発売されていて人気なDeskMiniAMDRyzen APU」版が開発決定!!

ASRock_DeskMini 310 Series.png

こちらはIntel版「DeskMini 310 Series」(第8世代CPU Coffee Lake対応)の画像です。

第6世代Skylakeと第7世代Kaby LakeのCPUに対応する「DeskMini 110」が発売された際は、その省スペースな小型さがウケて人気になりましたよね~。

@Sycom(サイコム)などのBTOメーカーでは、BTO製品としても採用されているくらいですし!

その大きさは「155 x 155 x 80 mm」と超小型、省スペース。

いわゆる「ちゃぶ台」のような背の低い机、デスクの下にすら入ってしまうくらい小さなPCが簡単に組めるベアボーンキットです!


DeskMiniシリーズをわかりやすく説明すれば、

・ マザーボード
・ PCケース
・ 電源(120W ACアダプタ)

が最初から組み込まれている、半組み立て済みベアボーンキットのようなもの。

DeskMiniでPCを自作するなら

・ CPU(orAPU)
・ メモリ
・ SSD(or2.5インチHDD)

を別途用意し、取り付けるだけで自作PCが完成してしまいます!

裏配線に悩んだりすることもないため、組み立ては難しいプラモデルよりも簡単楽々ですよ♪


ただ、超小型モデルのため・・当然ですがグラフィックカードの搭載は不可能

基本的には、Intelの「Celeron」「Pentium」シリーズなど、安くて消費電力の低いCPUを採用した「省電力」省スペースPCに向いていました。


しかし、IntelCPUよりもオンボードグラフィック性能が大幅に高いAMDの「Ryzen APU」対応DeskMiniが開発、発売されるなら話は別!!





設定にもよりますが、Ryzen 3 2200GRyzen 5 2400GならPSO2などの3Dゲームでもわりと遊べてしまうくらい高性能ですからね~♪


最近発売されたTDP35W低消費電力APU「Athlon 200GE」はRyzen 3 2200G、Ryzen 5 2400Gと比較すると内蔵グラフィック性能は大きく劣りますが・・



それでもIntelのPentium G5400(HD610)などと比べると圧倒的描写性能の高さなんですよ!


「省スペースな超小型PCが欲しいけれど、安くてそこそこ3Dゲームも遊べるのがいいな~」

そんなニーズにまさにピッタリと言えるASRockの「AMD Ryzen APU版DeskMini」。

電源もACアダプタで省電力も期待できますし、発売日が待ち遠しいですね~これは楽しみだ!