艦これ 第二期(HTML5版)開始 PC推奨スペック 動作確認 フラワーナイトガール(花騎士)はいつ?

昨日、DMMの看板ゲーム「艦隊これくしょん」の第二期(HTML5版)が開始されましたね~。

艦これ_第二期(HTML5版)_神通.png

元々、DMMゲームズアカウントは艦これを始めるために作成したということもあり、休止する前のデータもバッチリ残っていました♪

80万の感謝っぽい?」の掛け軸がプレイしていた時代を感じる・・懐かしい(笑)。

第二期(HTML5版)開始記念で凄く久しぶりなログインとなりましたが・・画面が大きくなり、解像感も以前と比較して圧倒的に高く・・綺麗な鎮守府になっていてビックリです!

出撃して戦闘もテスト。画質が大幅に向上した割にアニメーションもヌルヌル動き、快適そのもの。時代遅れの重いFlashからHTML5に移行した効果は凄いですね!


「艦隊これくしょん」は今でも艦娘やBGM、作品全体に漂う雰囲気など好きな点も多いのですが・・やはり「轟沈(ロスト)」があるというプレッシャーには耐えられず・・。

FKG_フラワーナイトガールスマホアプリ版.png

レベリング(LVあげ)も大変で時間を取られ、荒ぶる羅針盤や戦闘での運ゲー要素もあり、結局ロストもなく簡単育成でお気楽(AFN)な「フラワーナイトガール」に移行して今に至ります。


でも、課金ガチャばかりの集金ゲームより、艦これの「メディアミックスで儲ける」スタンスのほうがやっぱり良いな~。花騎士も無課金で十分遊べるけれど、虹はほとんど出ないし。

HTML5化で遊びやすくなった艦これ、復帰して遊んでみようかな~。せめて神通改神通改二に改装できるくらいまではレベリングしたいかもしれません(笑)。


ただ、一部のパソコン環境では艦これが以前より重くなったとの動作報告も聞きます。

そこで、現在稼働中であるうちの自作PCで軽く動作確認してみました!


6年ほど前から使用しているメインPCのスペックは

・ CPU - Intel Core i7-3770
・ メモリ - 8GB
・ グラボ - NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti

と、決してハイスペックではない構成ですが・・艦これはヌルヌル描写で快適。


また、メインPCにトラブルが起きた際に使用するサブPCでも動作確認。

・ CPU - Intel Pentium G4560
・ メモリ - 8GB
・ グラボ GeForce GTX 750 Ti

こちらも艦これなら余裕で動きました、Google Chromeでの動作確認問題なし!


HTML5版の艦これは「メモリを多めに使用する」ということもあり、PC推奨スペックとしてはメモリに余裕を持たせれば安心かと。他のゲームも遊ぶなら8GBは欲しいかもですね~。

CPUは安価なPentiumですら余裕がありますし、今から新しく艦これ用PCを安く購入、BTO、自作するなら、オンボードグラフィック性能が非常に高いAMDの4コアAPU、Ryzen 3 2200Gあたりがグラフィックカードいらずでお買い得かもしれませんよ~。



AMDのAPUなら描写負荷の高い3Dゲームですらオンボードでそこそこ遊べますからね!

MoE_Master of Epic12周年_TOPページ.png

Ryzen 3 2200Gの性能なら、管理人が長年遊んでいるコナミ(ハドソン)のMMORPG「Master of Epic」もオンボードで楽しめそう。最近のAMD製品の性能向上はスゴイの一言です。

艦これを含むゲーム以外にもPCを活用するなら・・Ryzen 7 2700Xなど第二世代Ryzenの上位モデルが現状ベストかな~。8コア16スレッドとマルチメディア処理にも強く高性能ですし!

IntelのCPUには実害こそほぼないものの脆弱性があり、第8世代、もうすぐ発売される第9世代でもセキュリティ問題の欠陥があるので・・個人的にはあまりオススメできません。

性能的には十分なので、Icelake世代での欠陥改善、改良に期待ですかね~。


Flashの公式サポートは2020年に終了予定。Flashサービス終了まで猶予はあと2年。

シャニマス_アイドルマスター シャイニーカラーズTOP.png

Flashではなく、最初からHTML5でプログラミングされている「アイドルマスター シャイニーカラーズ」のように、これからはHTML5で制作されたブラウザゲームが主流になるはず。


ここで気になるのが、「フラワーナイトガール」のHTML5化の進捗状況。

既に運営の公式アナウンスでHTML5化自体は確定していますが・・スマホアプリ版の開発にも遅れが出ているくらいですし、大丈夫なんでしょうかね・・?失敗しませんように・・。

艦これHTML5版の成功を見る限り、花騎士もHTML5化すれば今よりも快適に遊べる予感。

HTML5でアニメーションする花騎士のSDキャラクターを早くみてみたいな~♪