AMD Ryzen 7 2700X/ 5 2600X深夜販売!比較レビューはCore i7-8700Kのゲーミング性能並み

AMDの最新高性能多コアCPUである「Ryzen 7 2700X」「Ryzen 7 2700」「Ryzen 5 2600X」「Ryzen 5 2600」の深夜販売が開催された様子!



秋葉原などの一部ショップでは深夜販売に行列も出来たようで・・自作PC界隈におけるRyzenシリーズの高い人気がうかがえますね♪


スペックと気になる初売り直後のご祝儀販売価格は・・

・ Ryzen 7 2700X 8コア16スレッド (3.7-4.3GHz) - 4万1千円
・ Ryzen 7 2700 8コア16スレッド (3.2-4.1GHz) - 3万9千円
・ Ryzen 5 2600X 6コア12スレッド (3.6-4.2GHz) - 2万8千円
・ Ryzen 5 2600 6コア12スレッド (3.4-3.9GHz) - 2万5千円

前後となっています!全て税込み!あれ・・ご祝儀価格の割に思ったよりお安い・・?


早速大手PCサイトでは主にIntelのメインストリーム帯最上位CPU「Core i7-8700K」(6コア12スレッド 3.7-4.7GHz)との性能比較レビューが掲載されていますね~。

プロセス微細化によりクロック向上。“Zen+”採用の第2世代Ryzenシリーズ検証

クロック向上で注目される第2世代Ryzenをベンチマーク

高クロックになった第2世代Ryzenは,そのゲーム性能でついに競合を捉える Ryzen 7 2700X,Ryzen 5 2600X

AMD Ryzen 7 2700X Review: Redefining Ryzen


元々AMDのRyzenシリーズは多コアが活きる動画エンコードなどマルチメディア系処理の強さで評価が高かったわけですが・・レビューを見る限り苦手だったゲーミング性能も向上!

ほとんどのレビューサイトでIntelのCore i7-8700Kと同レベルという非常に高いFPSを叩き出しています・・!1世代でこれだけのゲーミング性能の進化は純粋に驚き・・。


反面、消費電力はどのサイトもわりと高めに出ている傾向。アイドル時の消費電力は前世代とそれほど大きくは変わっていないですし、トップパワーが増した分だけより電力を食うようになったのかな?

ただ信頼のおける海外の大手レビューサイトでは消費電力がIntelCPUよりも低くなっている所もあり・・これはこの後に続々出て来るであろう個人レビュー待ちといった感じですね~。


Intel Core i7-8700Kは内蔵グラフィックを搭載しているものの、CPUクーラーが付属せず別途購入が必要でRyzen 7 2700Xのご祝儀価格とほぼ同じ販売価格。

Ryzen 7 2700XはLEDイルミネーション機能付きの「Wraith Prism」という高性能CPUクーラーがついての価格ですから・・これから値下がりすることを考えればコストパフォーマンスはかなり良いですね!


あと事前にアナウンスがあったためわかってはいたことですが、既に画像がアップされていた殻割り画像によるとRyzen 7 2700Xはソルダリング(はんだ付け)仕様で確定!

IntelCPUで最後のソルダリング世代ともいえる名機中の名機Sandy Bridgeの「Core i7-2700K」からの乗り換え先候補としても相変わらずベストな選択肢と言えるかもしれませんよ~。


管理人が主にプレイしているゲームは、今はなきハドソン(現コナミ)開発の基本プレイ料金無料国産MMORPG「Master of Epic」。



12年以上も続く長寿オンラインゲームという事もあり、Intel Core 2 Duoでも遊べるレベルの軽さなのでここまで高性能なCPUは必要ないとも言えるんですが・・。

それでもRyzenシリーズの性能の高さを見ているとやっぱり欲しくなっちゃいますね~!



参加者が多い「黒バハ」や「儀式」といった大規模レイド戦でも同じグラフィックカードで今よりもFPSが安定しそうですし~♪


サブPCのCPUは「Pentium G4560」あたりにして、メインPCをそろそろIvy BridgeからAMDのRyzenに変更するのもありかな~。

Athlon 64」以来のAMDerになる日も近い!?